熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

葬儀コラム

子どもを亡くしたこと

1月の終わりに、子どもを亡くしました。そのときのことや、それから今までに考えたことを書き留めてみます。

1月30日の朝、妻が痛みを訴えました。不規則に痛みがあったらしく、これは陣痛の前触れ-前駆陣痛なのではないかと考えました。
翌日が週に一度の定期検診の日だったので、病院に近い妻の実家に帰すことにしました。会社に妻を送ることを伝え、喫茶店でモーニングセットを食べ、実家に妻を降ろして自宅へ戻り、出産後の準備をしていました。
昼を回って、電話が鳴りました。妻からでした。泣いていました。情緒不安定になっているのかと思い、「迎えに行こうか?」と声を掛けました。
妻が話し始めました。昼に出血があったということ。今病院にいるということ。妻の母と一緒だということ。検査を受けたこと。子どもに脈が無く、既に死亡していること、夕方から分娩をすることを聞かされました。
「お母さんだから、頑張って産もうね」と声を掛けました。「お父さんも行くから待っててね」と伝えて電話を切り、私の母に事情を伝えてタクシーに乗り込みました。

病室に入ると、妻は笑顔で私を出迎えました。妻の母が一緒でした。妻の目の周りが腫れていました。お医者さんから、元々の希望通り無痛分娩を行うこと、麻酔を入れること、促進剤を入れること、出産が夜中になるであろうことを聞きました。私は、出産に際して母体に危険がないことを確かめました。そして、元々出産に際し立ち会うことを希望していたので、その通りにすることを確認しました。

日が暮れて、妻は分娩室に移動しました。準備が整ってから妻の母と私は分娩室に入ることができるとの話で待合室にいたのですが、待合室が寒く感じられたのと、新生児室が近く子ども達の泣き声が聞こえるのとで、私はともかく妻の母のことを考え、二人は病室へ戻りました。

私たちが分娩室へ入ることが出来るまで、3時間くらい掛かった気がします。妻は下半身に麻酔が効いている状態でした。陣痛の間隔が遠いので、出産は翌日の朝か、昼に掛かるかもしれないと聞かされ、妻の母には自宅に戻ってもらい、私も出産後にしなければならないであろうことを考えて、産まれる前に起こしてもらえるように看護師さんに伝えて再び病室に戻り、仮眠を取ることにしました。

産まれてから行う手続きや、棺のこと、火葬のことと、その前に何をすることになるかを一通り考えて、上手くまとまらなかったので途中で打ち切り無理矢理眠ろうとした頃に、呼び出しがありました。日付が変わっていました。出てきそうだいうことで、分娩室へ向かい、出産に立ち会いました。午前1時31分、52.5センチ、2888グラム。性別を聞かずにいたのですが、果たして男の子でした。前評判では、母親のお腹が突っ張っていないことや、同じく表情が険しくないことを理由に女の子ではないだろうかとの声が多かったのを思い出しました。産声を聞くことは出来ませんでしたが、ようやく逢えたことを、とても嬉しく思いました。

産まれた子は抱えられ、母の胸の上に降ろされました。妻は子の顔を見て、私に「この子、『やすはる』よね?」と言いました。男の子の名前と女の子の名前と、両方考えていて、そのうちの一つでした。戸籍には残りませんが、名前を付けたことで、親にしてもらえた気がしました。私も彼を抱くことが出来ました。

康春は保育器に移され、病室に戻り、今後のことを夫婦で話し合いました。お腹の中で亡くなってしばらく経過しているため、保冷をしなければならないこと。火葬しなければならないこと、棺が必要になること、役場で手続きをしなければならないことなどを話しました。私は、おそらく妻が退院出来ないだろうと推測していました。なので、私が手続きを行い、自分でお経を勤めて火葬場に行こうと考えており、それを伝えて合意を得ました。夜が明けてからの仕事のため、眠ることにしました。

朝を迎えて、妻の両親が病室に来たため、私は交代して自宅に戻ることにしました。帰宅の前に、死産証書を受け取りました。死因の欄には不明と書かれていました。

今後のことを医師に尋ねると、経過によるが2月2日には外出許可が出せるとのことで、この日に一緒にお勤めをして火葬しようということになりました。

会社で両親にそれまでのことと、これからのことを伝え、役場で手続きを済ませ、自宅に戻り、着替えとカメラ、保冷用のドライアイスを持って病院に向かいました。

友達のお坊さんに頼まれ物をしていたのを思い出しました。電話をして事情を話し、作成が出来ない旨を伝えました。自分でお経を上げて火葬するつもりでいることを話すと、もし良ければ一緒にお勤めさせてくれないかとに言葉をもらいました。父親として何も出来ないことが歯痒く、せめて自分でお経を読もうと考えていたのですが、この言葉が本当にありがたくて言葉に甘えることにしました。

病室では康春の写真を撮りました。とても可愛いのに、一つの表情しか見せてくれないのが悲しくて、二人で涙を流しました。

昼には私の両親も病院に来ました。夕方足りない物を取りに自宅に帰るついでに、「お勤め」について友人のお坊さん達と打ち合わせをしました。

妻とは、亡くなった康春の「いのち」をどのように捉えるか、話し合っていました。浄土真宗では南無阿弥陀仏の念仏をする人が阿弥陀仏の力により極楽浄土に生まれさせてもらえることになっているのですが、康春は念仏したことがありません。なので、還相の菩薩としてこの世に来てお腹の中に10ヶ月居てくれたのだということにしました。とにかく、私たちに命の尊さとか大切さとか儚さとか、色んなものを引っくるめて教えてくれるためにこの世に来てくれたのだということにしました。事実がどうなのかは割とどうでもいいのですが、正常に生まれてこなくて残念だとか、年を重ねる前に死ぬのは可哀想だとかいうストーリーの中だけに身を置くのが嫌で、そう決めました。

打ち合わせでは、そのことを話しました。我ながら我が儘だと思いますが、友人僧侶達は快く応じてくれ、ではどうするのかを話し合いました。

お勤めの内容は、三帰依文、正信偈行譜、白骨の御文章に決まりました。

三帰依文は、仏教全般で用いられることと、私たちの仏前結婚式でも読誦したこと、「人身(にんじん)受け難し」のフレーズを痛感させられたことで決めました。

正信偈には葬儀用のお勤めの仕方もあるのですが、私の中では「葬儀」というよりも「康春のいのちを受けとめる・引き継ぐための法要」のような位置付けだったので、和讃の読み方が難しい葬場勤行ではなく、行譜の読み方にして来てくれた人全員に経本を配り、賛同してくれる人皆で一緒に勤めることにしました。

白骨章には「老少不定のさかいなれば」という一節が出てきます。普段通夜で読まれることが多いのですが、妻の外出が出来ず通夜勤行ができないのと、上の言葉を深く感じたのとで、ここで読んでもらうことにしました。

打ち合わせはそれくらいで、震災一周忌を控えて会議に参加していた浄土真宗青年有志の会などに声を掛けて良いかと訊かれたのを了解して病院へ戻りました。

夜は就寝したものの、途中で目が覚めて夫婦でいろんなことを語り合い、月が明けて2月の朝を迎えました。会社に棺を取りに行き、病院の裏口から搬入して康春をその中に納めました。念のため暖房は入れずにいたのですが、遺体の状態が悪くならないように、この日納棺することに決めていました。



夕方、会場の設営に向かいました。益城会館の本館と東館について、葬儀が入っていない方を使うこと、両方で葬儀が行われている場合は自宅で営むことを事前に決めていました。「身内は後回しだ」という台詞が映画か何かに使われていた気がしますが、葬儀屋も大体そんな感じです。翌日空いていた東館を使うことになりました。

2月2日、妻の外出許可が出て、裏口から外に出ました。病院の看護師さん、スタッフの方々が見送ってくれました。スタッフの皆さんには本当に良くしてもらいました。生きている子と同じように、生きている子の親と同じように扱ってくれたのが、何より嬉しかったことです。

妻の父が運転する車で、妻の母、妻、私、息子の5人で、まず自宅へ向かいました。我が家に帰り、追加の荷物を持って、黒服に着替えて会場へ向かいました。生花のアレンジや、ぬいぐるみを頂きました。心遣いに感謝しています。



会場で、依頼していた納棺師に化粧をしてもらいました。亡くなった後お腹の中でしばらく時間が経過していて、肌の状態が若干悪かったためです。普段から仕事を頼んでいることと、実際私も妻も納棺してもらったことがあるのとで、安心して任せることができました。

納棺が終わり、お勤めをしました。近い親戚と、友人が駆け付けてくれました。僧侶の友人が、数人来るのを想定していたのですが、若坊守さんを合わせて30人近くが来てくれました。読経も声が揃っていて、あのときのお勤めは良かったなあと、今でも思い出します。次第の説明なども友人のお坊さんが担当してくれました。普段と役割が違うのも、なかなか面白くはあります。

無事葬儀というか法要というか今でも正式名称が付いていないのですが、お勤めが終わり、花を手向けて出棺して荼毘に付しました。熊本では珍しく、この日は雪がかなりの勢いで降っていました。康春が産まれてから晴れたり曇ったり雪が降ったり、気のせいでしょうが、彼の代わりに天気が色々な表情を見せてくれているようにも感じられました。

棺を炉の中に納めて、点火のスイッチを押しました。葬儀屋でいることで、父親として出来たことが若干多かったのを、少し嬉しく感じました。

呼び出しが掛かり、収骨室へ入りました。あらかじめ妻にはおそらく灰と判別できず骨はほとんど形が残らないであろうことを伝えていましたが、職員さんの技量でしょう、予想よりも多く拾うことが出来ました。が、なにせ骨が小さいのと、箸が使いづらいのとで難儀しました。骨箸は、木が1本、竹が1本でセットになっており、先が削られていないので、細かいものを拾うのは難しいのです。職員さんが紙製の小さなちり取りのようなものと、筆を渡してくれて、それで集めました。こういうのじゃなくて、もっと違うことで手を掛けさせて欲しかったなあと、心の中でぼやきました。

会場に戻り散会して、妻と、最初より更に軽くなった康春と、自宅に帰りました。妻の調子も悪くなかったので外出許可を外泊許可に切り替えて、我が家で3人で過ごしました。この72時間程で、3ヶ月くらい経過したような気分でした。



その後妻は病院に戻り、無事退院し、1週間程実家で過ごして自宅に帰ってきました。

私は精進として酒を飲まないことにしました。肉食しないのではなくて断酒したのは何となくですが、四十九日はもちませんでした。ダメ父です。

録画していた「ぐるりのこと。」を観ました。この映画の中の、自分たちの子どもを亡くした夫婦は対話します。

「死んで悲しかった?」
「残念やったと思うとるよ…」
「残念?」

少なくとも「残念」ではないなあと思いました。康春が亡くなってなお、姿が見えなくなった悲しみよりも、10ヶ月の間一緒にいてくれた喜びの方が、遙かに大きいです(実際はすごく悲しいんですけど、悲しみに引っ張られないために、こう宣言します)。

ご遺族の許可を得て書きますが、康春の死後、私より若い方の葬儀を担当することがありました。持病を抱えてはおいででしたが、前日まで仕事をなさっていたとのことでした。

喪主であるお父さんに話しかけました。

我が子を亡くすということは、とても悲しいことだと思います。しかしながら、何故悲しいのかを辿ってみると、それはやはり、お子様がこの世に生まれてきて下さったからではないでしょうか。悲しいのは勿論どうしようもなく悲しいのですが、その悲しさに埋もれてしまわないように、生まれてきてくれたことと、これまで一緒にいてくれたことを喜び、彼の命を受け継ぐ式にしませんか。

お父さんは、快く了承してくださいました。

---

記憶は、過去のものではない。それは、すでに過ぎ去ってしまったもののことではなく、むしろ過ぎ去らなかったもののことだ。とどまるのが記憶であり、じぶんのうちに確かにとどまって、じぶんの現在の土壌となってきたものは、記憶だ。

(中略)

その記憶の庭にそだってゆくものが、人生とよばれるものだと思う。

記憶のつくり方・長田弘 あとがきより

---

昔「納棺師のご案内」のページに引用した、この詩が好きです。

葬儀屋の役割って何だろうなあと、考えることがあります。

その役割の一つは、「残念」にしてしまわないことかもしれません。康春の姿はありませんが、今も私たちの道標として、羅針盤として、彼と出会い続ける日々です。彼から受けた影響はとても大きくて、その影響が、そのまま康春なのだと思います。

彼のおかげで人として、葬儀屋としても成長できた気がします。

この世での命尽きて出会う康春に「情けない親父だ」と思われないように、生きたいと思います。

3.11東日本大震災追悼・復興支援行列

3月11日、震災から1年のこの日、浄土真宗青年有志の会で下通・上通のアーケードを歩きました。

午後2時46分には黙祷。道行く人にもご一緒してくださる方が多く、喧噪一転しばらく静寂に包まれました。

浄土真宗本願寺派熊本別院に到着後、阿弥陀経をお勤め。

その後線香を販売しました。

この線香は浄土真宗青年有志の会オリジナルのもので、1箱購入いただく毎に、原価を除いた328円が被災地に寄付されます。コストを抑えるためにみんなでラベルを貼ったりしています。既に2,000箱以上購入いただきました。今後も継続的な支援のために販売していきます。

益城近辺であれば私がお届けしますので、お問い合わせのメールフォームに住所・氏名・電話番号・メールアドレス・必要数をご記入の上送信下さい。追ってメールで返信させていただきます。

この線香、沈香なのでかなり香りも良いです。日常のお参りにも是非。

ツイッターとか

更新できていませんが、twitterではつぶやいています。

ここ。

最近は仕事以外に

・子育て支援施設でのバルーンアート
・町の子育て支援マップ作成のお手伝い
・某料理店でのセミナーとか商品開発とか
・初期仏教の瞑想会に参加
・商工会青年部のチラシ作成とか夏祭りの準備とか
・突発的に頼まれる印刷物(印刷屋さんに頼む程ではなさそうなもの)

その他色々やっています。

益城町の夏祭りは8月20日(土曜)です(雨天順延)。

私は多分焼き鳥を焼いていますので、ひやかしに来て下さい。

【報告】みんな得するおそうしきの話@益城

去る3月24日、熊本県葬祭事業協同組合青年部主催の葬儀セミナーが、益城町交流情報センター「ミナテラス」にて行われました。地元の部員ということで、川端も企画運営に携わりました。

どんな感じのセミナーにすることを心懸けようかと考えていて、部員間のやりとりのなかで僕が送ったメールの一部。こんなことを考えながら企画した・・・というか、書きながら自分がこんなことを考えてたことに気付いたというか。推敲せずに送っているので乱文ですが、雰囲気を読み取っていただければと思い掲載します。長いので読み飛ばすと当日の写真が出てきます。

---

元々「葬儀」「死」について、日本ではケガレの意識が強く、
適切に取り扱わないと、良くないことが起こると信じられてきました。

そもそも「死」そのものが「良くないこと」に分類されてきたので、こと葬儀においては
「適切に葬らないと、良くないことが連鎖して起きる」という考え方の上で行われるのがが主流であったと思われます。

「葬式組」がどこにでもあった頃は、長老方の指示の元、あるいは宗教者の指導の下、
当時の近隣社会の掟に従ったり、宗教教義(もしくは宗教教義と信じられていたもの)に従ったりしつつ、
そのときそのときに適切だと考えられる方法で、葬儀を行っていました。

で、葬式組だけで葬儀の準備をするのが面倒になった頃に、
祭壇設営などを専門で引き受けて金銭を得る会社が現れました。葬儀屋の誕生です。

そのうち「適切な葬儀の指標」が、葬儀屋の手元にやってきます。
そして、自分たちの会社を大きくしたい一部の葬儀社が、
その「適切な葬儀の指標」を、自分たちの都合の良いように改竄して使い始めます。

金銭面で言えば、
「みなさんこれくらいの祭壇を使われますよ」と言って、不必要に高価な祭壇を勧めたり
「お返しの品物も、これくらいの高額なものを用意しますよ」
「香典返しも会葬返礼も一緒になさる方が多いですよ」と言って不必要に高価な物を勧めたりする葬儀社も出てきます。

葬儀を自分たちにコントロールしやすいものにしようとする葬儀社も出てきます。
「沢山の人に来てもらっても困るので、ごく近しい方にしか知らせないでおきましょう」
「これが正しい葬儀です」として、
風土によって違った形式を代々伝えられてきた葬儀の風習を破壊しようとする人もいます。

このような葬儀社が台頭する中、最近は「葬式は、要らない」という本も出版され、
追随して【葬儀は要る】系の書籍が雨後の竹の子のように出てきました。

果たして葬儀って、「必要」「不必要」で判断されるべきものなのでしょうか。

先程ご紹介したような葬儀社がいる一方で、
地域の習俗や、宗教的な意味合いを鑑み、
その土地に生きて亡くなった人と、これからも生き抜いていく人を想い、
「ここで葬儀をしてよかった」「あなたに頼んで良かった」との言葉を励みにする葬儀屋もいます。

そのような葬儀屋の一人として、
今回のセミナーを企画するにあたって何をしようかと考えたときに、
やっぱり先程あげたような葬儀社には引っかかってほしくないと思ったんですね。

で、そのためには事前に葬儀社に見積もりをしてもらっておくとか、
評判を色んな人に訊いてみるとかした方が良いんですけど、
それはやっぱり敷居が高い。

なぜ敷居が高いのかというと
一番最初に出てきたように「死は良くないこと」という感覚が、日本人にはとても大きいからだと思われます。

その感覚をちょっと変えるのに、映画「おくりびと」で有名になった納棺の実演と、
遺影の元になる写真の撮影を企画しました。

納棺師については、遺体をきれいにして、化粧などで整えるのが仕事です。
親しい人が亡くなったときに、その人に触れるのを怖がる人がいます。
ここに、死への畏れと、遺体・死体への畏れがあります。

納棺師の役割は、ただきれいにすることではありません。
親しい人に、触れても良いんだよと、優しく伝えるのがその役目です。
映画でも、納棺師の納棺の後に、遺族になった人たちが遺体にキスしてたシーンがありましたよね?
怖がらなくて良いんだということを感覚的に解ってもらうのに、納棺師の役割って大きい気がします。

次に写真についてです。
僕は自分の遺影を作っています。
そして、大体1年毎に作り替えています。

自分の死を想像したことが無い人は少ないと思います。
しかし、現実的に、明日自分が死んでしまうかもしれないと考えながら過ごしている人も、そう多くはないでしょう。
「縁起でもない」と思われるかもしれませんが、
実際問題亡くなった人がいらっしゃる場合、遺影を作りますよね。
で、それがなかなか見つからないことが、結構多いんです。
まれに免許証の写真で作らざるを得ない場合もありますし、
葬儀後2~3ヶ月経ってから、やっぱりこっちの写真で作り替えてほしいとご家族さんが訪ねてこられる場合もあります。

別に今日撮る必然性は無いんですけれども、
1枚用意してもらっておくと、
写真を探し回っていて、亡くなった方と一緒に過ごす時間が取れなかった
なんてことが無くなります。
別に葬儀のために用意しなくてもいいですけど、
例えば年に1回家族で集まって写真を撮ったりするのも良いかもしれませんね。
最近携帯電話でも写真は撮れますし、デジカメも高性能になって写真をいつでも撮れるようになった反面、
記念写真ってなかなか撮らない気がします。
額に入れて黒リボンをつける必要まではありませんが、
集合写真とか、バシッと決まった写真を撮る機会を設けるってのは、
結構楽しいことだと思いますのでお勧めします。

で、こういうことでちょっと意識を持ってもらうと、
そんなに「葬儀」について考えることを、タブーだと思わなくて良くなるのではないでしょうか。
そうすると、例えば葬儀を行うことになったときに、
色々とそそのかして、タブーに感じていることをうまく利用して必要でない物を押しつけようとする葬儀社があった場合
それを察知することが出来るようになるのではないかと思われます。

結局信頼できる葬儀屋の見つけ方って、
実際の温度みたいなのを感じてみることに尽きるのではないかと思います。
営業の人と実際に携わる人が違う場合もあります。
色んな人の話を聞いてみて、温度を感じてみてもらうために、そのためのはじめの一歩になればと思うのです。

---

以下、当日の模様。

 当日展示していた遺影サンプルと可能な加工の実例。人に勧めるのに自分が作ってないのもおかしな話なので、大体1年に1回作るようにしています。

当日の遺影元写真撮影ブース。来場者で希望の方は撮影し、その場でプリントして手渡ししました。結構好評でした。

同じ青年部員である菊陽葬儀社の松坂さんによる講演。

僕が進行役だったのと既に一度納棺されたことがあるのとで、今回僕の妻が納棺されることになりました。このとき結婚からまだ1年経ってません。

納棺施工中に質問を受け付け。

Q「病院ではこういうことは行われないのですか?」 A「ホスピスなどの終末医療を行うところでは行われますが、一般の病院は治療が目的なので、感染予防などを目的とした清拭と、体液が漏れ出さないような処置にとどまることが多いです。」

Q「イケメンの納棺師を指名したり出来ないんですか?」 A「今のところ出来ません。」

色んな人に来場していただけました。

遺族役を募って棺に納めます。

 綿花飾り終了時。

---

当初の意図が伝わったのかわかりませんが、笑顔でお帰りになる方が印象的なセミナーになりました。

この後、セミナーにいらしていただいていた中に遺族となられた方がいて、「おかげで遺影を準備していたよ」と声を掛けていただくことがありました。わずかながらお役に立てたようです。

今後も微力を尽くします。

東日本大震災追悼並びに被災者支援の集いのお知らせ

「東日本大震災追悼並びに被災者支援の集い」

日時:5月2日(月)16:00~17:00(雨天延期 5月9日開催)
場所:サンロード新市街 サンフィールド(映画館Denkikan横)

安易な励ましや慰めの言葉を捨てて
あふれる呻きに身を寄せながら
静かに手を合わせよう
煩悶し 葛藤し
それでも共に生きてゆこう
ともにいのちかがやく世界へ

主催:浄土真宗青年有志の会

主催は真宗系の若手僧侶の皆さんで、僕もお手伝いをしています。

当日は総勢20名以上の僧侶の方々でお経が読まれ、焼香が行われます。

直接被害に遭われた被災地の方々が大変なのはもちろんなのですが、熊本にいて、あの日以来何をすれば良いのかわからなかったり、何かをしていても心に穴が空いたような、そんな気がしている方も多いのではないでしょうか。

そんな方とも、とりあえず一緒に手を合わせることが出来ればと思う次第です。

他にも震災については色々と紹介したいことがあります。

先日行われたこの集いの会議の中で、実際に被災地へボランティアに行って来られた僧侶の方のお話を聞くことが出来ました。

当初遺体安置所に読経にうかがっても断られていたのが、次第にありがたがられるようになった話や、避難所には配給があるけれども、自宅が津波で流されていない方はそのまま居住しており、自宅を無くしてしまった人に遠慮してしまい配給を受け取れないでいるという話など様々なお話を聴きました。

西本願寺震災支援ネット北海道のサイトにこのあたりは詳しいです。話を聴いたのはブログにあるクボタさんにです。中央教修でお世話になった僧侶の方も支援ネットに参加しておられます。

今後は義捐金だけでなく、こういったボランティアの方々への支援金も必要になるでしょう。全部手出しでずっとボランティアを出来る人は限られています。

配給や支援物資を充分に受け取れていない方もいらっしゃるのですが、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」というのが立ち上がっています。構造構成主義提唱者の西條剛央さん発案のプロジェクトで、かなり効果的だと思われるので是非リンク先をご参照下さい。西條さんの著書の一部を現在ダウンロードできます。「持続可能な社会をどう構想するか」共著の池田清彦さんはホンマでっかTVという番組に出演なさっているかたですね。このシリーズ、どの業種でも役立つ気がします。

このプロジェクトに限らず、こういう形での協力は不可欠です。政府や自治体、大きな組織ではやりづらいこともあります。

葬儀屋としてボランティアに行った方も数多くいます。直接ボランティアには行けませんでしたが、熊本県葬祭事業協同組合からは棺を送ったりもしたようです。

熊本でも、外国人の観光誘致をしている友人が仕事をなくしてしまったりしています。

この友人がいかに頑張っていたかを知る身として応援。

つらつらと書きましたが、今後継続してやっていかなければならないことがかなりあります。出来る限りのことをしたいです。

8 ページ中 1 ページ12345...最後 »

» サイトマップ
▲このページの先頭へ