熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

葬儀の後に

お葬儀の後に

お寺参りと精進上げ

仏式では多くの場合、お葬儀の翌日にお寺まで礼参に伺います。
最近では、このときにまとめてお布施をお渡しする場合が多いです。

「精進上げ」とは、精進料理から通常の肉魚有りの食事に戻す会席のことをいいます。
元々は四十九日まで、肉・魚を絶っていましたが、今は礼参の後に行うことが多くなりました。

満中陰(忌明)法要まで

仏式の場合、亡くなった日を含めて7日目( 例えば3月1日に亡くなった方は3月7日)に初七日法要を、以降7日毎に法要を営みます。通常ご自宅にご導師をお招きしてお経を賜ります。

四十九日の満中陰( 忌明)法要には、親族・お世話になった方々をお招きして、法要の後に法宴を営むことが多いです( 東館をご利用になることも出来ます)。

法要全般にいえることですが、当日にお集まりになることが難しい場合は、前倒しで執り行うことがあります。後に延ばすことはありません。

百ヶ日

亡くなった日を含めて100日目を百ヶ日といいます。百ヶ日法要を営みます。

初盆

四十九日を過ぎて初めてお盆( 8月15日)を迎えることを初盆といいます。
ご導師よりお経を賜ります。盆提灯や、お参りにいらっしゃる方へのお返しをご用意することが多いです。

一周忌

ご逝去後初めて迎える命日を、一周忌といいます。
親族・お世話になった方々をお招きして、法要の後に法宴を営むことが多いです。

三回忌以降

ご逝去後、2回目の命日を三回忌といいます。法要を営むことが多いです。
以降「七回忌」「十三回忌」 「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」「三十三回忌」「五十回忌」「百回忌」が節目となります。

当社でご利用になれるもの

四十九日、法要・初盆等の返礼品

ご連絡を頂ければ、パンフレットをお持ちします。一般に、市販の物を安価に購入出来ます。
品物には「のし紙」「御礼状」が付きます

法要案内状・喪中はがき・弔電御礼状・供花御礼状

作成・印刷を代行致します。ご連絡を頂ければ、お伺いして打ち合わせをすることも出来ます。

香典帳整理

香典帳を、名前順・金額順等ご必要な順番に並べ直します。個人情報の取り扱いについては、万全を尽くします。

斎場 益城会館 ホーム
会館のご案内 葬儀について 葬儀の流れ 葬儀の準備 葬儀の後に 料金について 供花について 納棺師のご案内 FAQ:よくあるご質問 リンク スタッフブログ お問い合わせ
納棺師のご案内 スタッフブログ
スタッフFacebook
スタッフ最新のつぶやき

» サイトマップ
▲このページの先頭へ