熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

料金について

葬儀費用の内訳

祭壇(荘厳壇)セット

祭壇セットには、葬儀に必ず必要になる物がまとめてあります。

具体的には、祭壇(荘厳壇飾り)・棺・収骨容器(骨壺・白)・遺影写真・ドライアイス1日分・病院からの搬送用布団・位牌などの葬具・受付道具などです。

セットの種類により、中に含まれるものと含まれないものが違います。セットに含まれない場合は別料金です。

セットの例として例えば益城会館本館だと

203

 

上の物が5種類の内で価格が真ん中のものです。

東館の例では

H02

 

上のものが3種類の内で真ん中のものです。

セット以外のもの

ご遺族の考えによって 用いるかどうかが分かれる物、用いるにしても種類や数量次第で料金が変わるものについてはセットの中に含まれません。

具体的に例を挙げると

・棺(セットに含まれるものから変更する場合のみ)
・収骨容器(白から変更する場合)
・ドライアイス(追加が必要な場合)
・通夜返礼品(最終的に使用した分を精算)
・会葬返礼品(最終的に使用した分を精算)
・会葬礼状(セットに含まれる分を超えて追加が必要な場合)
納棺費(納棺師に依頼する場合。綿花飾り・納棺・湯潅で費用に差がある)
・献茶スタッフ(お茶出しや焼香案内などのお手伝い。予想される会葬者の数により人数を決める)
・警備スタッフ(駐車場整理など。予想される会葬者の数により人数を決める)
・通夜料理(人数に応じて決める)
・お斎(人数に応じて決める)
・寝台車料金(病院から自宅又は会館まで。距離や時間帯によって異なる)
・霊柩車料金(葬儀式場から火葬場まで。距離や車種によって異なる)
・火葬料(区域によって異なる)

といったところです。

あくまでも例ですが、図にしたとき、会葬者が30名で料理が10人分だとこのようになりますが、(画像はそれぞれクリックで大きくなります)

2013セット外

 

 

会葬者が50名で料理が20人分だとこのようになります。

sg03

 

おなじく会葬者が50名の場合でも、使用するものによっては以下のようにもなります。

sg04

 

50名が100名になればその分返礼品の数が増える、といった具合です(当然ながらその分いただく御香典は増えます)。

2013セット外

他にもご要望に応じて様々なものを提供できますが、手間(人件費)が掛かる場合や、物品を用意する必要がある場合は別途費用が掛かります。

費用の概算については、家族館をご利用の方で35万円~50万円、東館をご利用の方で40万円~80万円、益城会館本館をご利用の方で70万円~120万円くらい、ということが多いですが、可能であれば余裕があるうちに一度お越しになることをお勧めします。詳細をお求めの方にはその際に見積もりをお出しします。

以下は明細の例です。

meisai11meisai12

 

 

斎場 益城会館 ホーム
会館のご案内 葬儀について 葬儀の流れ 葬儀の準備 葬儀の後に 料金について 供花について 納棺師のご案内 FAQ:よくあるご質問 リンク スタッフブログ お問い合わせ
納棺師のご案内 スタッフブログ
スタッフFacebook
スタッフ最新のつぶやき

» サイトマップ
▲このページの先頭へ