熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

書いている人について

益城会館で働いています、川端康誉(かわばたやすたか)です。

身体があまり強くないもので、打ち合わせや案内に必要になりそうな書類を作成したり、割と裏方でパソコンを使って作業をしていることが多いです。

仕事柄、宗教についてある程度勉強をしておいた方が良さそうだと思い、書籍を読み漁ったり、お寺の勉強会に参加させてもらったりもしています。浄土真宗と上座部仏教からそれなりに影響を受けているようです。

2009年12月に、西本願寺で帰敬式を受け、法名:釋永晴を頂きました。浄土真宗本願寺派の門徒推進員に登録されています。

色の入った眼鏡を掛けていますが、ファッションのためではなく、昔患った脳腫瘍(ジャーミノーマ)の後遺症で瞳孔の反応が鈍く、通常の光を眩しく感じてしまうためだったりします。

同様に後遺症で復視があり、眼鏡のレンズにはプリズムが入っています。

趣味はバックギャモン、手品、バルーンアート、カメラです。お寺の仏教婦人会やこども会で手品とバルーンをしたことがあります。

真宗大谷派の機関紙『同朋新聞』2010年1月号に掲載されました。

浄土真宗本願寺派の機関紙『門徒推進員便り』49号に掲載されました。

mixiはこちら

twitterはこちら

コラムには葬儀についてのお話を、ブログには葬儀屋である僕の話を掲載していこうと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

コメント

コメントをどうぞ


トラックバックURL

トラックバック


» サイトマップ
▲このページの先頭へ