熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

家族葬について

最近よく『家族葬』という言葉を耳にします。葬儀社へ依頼をなさる方も「家族葬でお願いします」と仰る方が増えているようです。では、その『家族葬』とはどのような葬儀なのでしょうか。

葬儀に友達や近所の方、職場関係の方が会葬する一般に開かれた葬儀(=『本葬』)の前に、親族内だけで先に済ませておく葬儀を『密葬』と呼んでいました。その後、『本葬』を行わない場合や、親族を中心に行われる小規模な葬儀も、『密葬』と呼ばれるようになりました。

更に時代が流れ、核家族化が進み、地域の協力を得るのが困難になるにつれ、親族を中心とした葬儀や、そうでない場合でも規模の小さな葬儀の割合が増加しました。そうすると、そのような『規模の小さな葬儀』を専門的に、あるいは重点的に受け付ける葬儀社が現れます。

そのうちに、『親族中心の葬儀』『規模の小さな葬儀』を重点的に受け付けるどこかの葬儀社が、生活者に広く自分たちの得意とする葬儀のかたちをアピールするために、新しい言葉を生み出しました。【家族葬】の誕生です。

現在生活者に浸透し、市民権を得た『家族葬』という言葉ですが、統一された定義は存在せず、共通の認識として前述の「『親族中心の葬儀』『規模の小さな葬儀』」というのがあるくらいで葬儀社各社の見解にも少しずつ相違があるようです。

単純に会葬者が少ないと見込まれる場合、葬儀費用について、返礼品や料理の数が少なくて済むので金額は抑えられますが、(下世話な話ですが)香典としていただくお金が少なくなるので、手出しの割合は必然的に大きくなります。

また、ご自身や家族の方に、地域の方と交流が深い場合や友人が多い場合は、弔問に訪れようとする方々の列席を拒むことになります。身内以外に連絡をしないよ うに、列席を想定する人以外に口外しないよう念を押しつつ話を進めれば何とかなる場合もありますが、人の口に戸は立てられぬというか、どこかから漏れる場 合有り、「いやそういう訳にはいかないだろう」と親族の方と意見が食い違う場合有りだったりします。また、葬儀終了後、死去を知らされていなかった方が自宅に代わる代わるお参りにいらして休む暇が無かったという話もありますので、事情に合わせていろんな人の話を聞きながら慎重に話を進める必要があるでしょう。

上のような事例で、いわゆる『家族葬』を望んでいたけれどもそれが叶わなかった場合でも、例えば自分の知らなかった意外な繋がりを知ることが出来たり、思いがけない人から思いがけない言葉を掛けられたりすることもあります。どれだけ準備していても完全に思い通りになるものではないのですが、見方を変えると良いものが見える場合もあるので、こだわりすぎないようにするのも大切なことかもしれません。

---

葬儀屋として裏側をお話しすると、列席者の数も料理の数もあらかじめ決まっていたら、実はものすごく楽が出来るのですが、なかなかそういうわけにもいきませんし、それを望んでいたらいかんよなあと思う次第です。

あと、列席者が例えば100人を超えたとしても【家族主体の葬儀】というのは当然最優先に考えられるべきことなわけです。そのように捉えたとき、どういった葬儀であっても『家族葬』と呼ぶことが出来る気がします。

この場合、【家族葬でない葬儀】というのはどういうものでしょう。僕にはそれが思いつかないので、【家族葬】と【家族葬でない葬儀】というのを区別することが出来ずにいます。

葬儀社側の立場としては、【葬儀】を『家族葬』の他にも、「一般葬」「社葬」「直葬」などの言葉で区分けすることがあります。ただし、ご家族の側に立ってみれば、親しい人の葬儀は、葬儀社によって区分けされたどれかの系列の端に連ねられるものではないでしょう。「家族葬で……」と仰るその心の内に、どのような想いがあるのかを、出来るだけ具体的に葬儀社の担当の人に伝えてみましょう。きっと、良い方法を示してもらえるはずです。

コメント

コメントをどうぞ


トラックバックURL

トラックバック


» サイトマップ
▲このページの先頭へ