熊本県益城町近郊のお葬儀(お通夜・お葬式)に。

斎場 益城会館 - 熊本県益城町近郊のお葬儀・お葬式 > お知らせ > 浄土真宗本願寺派熊本別院報恩講法要について

浄土真宗本願寺派熊本別院報恩講法要について

今日別院から案内が届いたのでtwitterでつぶやこうとしたのですが、詳細が載っているサイトが見つからなかったのでここで紹介してみます。

スケジュール

11/26(土) 13:30~16:00 逮夜法要:宗祖讃仰作法、法話二席

11/27(日) 07:00~07:30 晨朝勤行:礼賛般舟讃、御正忌章
11/27(日) 10:00~12:20 日中法要:正信念仏偈第二種、法話二席
11/27(日) 12:00~13:30 お斎接待
11/27(日) 13:30~16:00 逮夜法要:奉讃大師作法、御俗姓、法話二席
11/27(日) 16:30~18:30 初夜法要:礼讃初夜偈、御伝鈔
11/27(日) 19:00~21:00過ぎ 熊本教区布教団による法話会

11/28(月) 07:00~07:30 晨朝勤行:正信偈(行譜)六首引、御命日章
11/28(月) 10:00~12:20 日中法要:宗祖讃仰作法(音楽法要)、法話二席
11/28(月) 12:30~13:30 帰敬式ならびにお斎接待

講師:森 芳麿 師(下関市専修寺住職)

27日の初夜法要の後に熊本教区布教団による法話会がございます。

布教団法話会出講者
稲垣浄賢師(球磨組報恩寺) 山川正憲師(天草上組専念寺) 藤川顕彰師(託麻組長寶寺)

お問い合わせ:本願寺熊本別院(楢林:ならばやし) 熊本市坪井2丁目3-32 電話(096)343-8283

---

【報恩講】について

報恩講は宗祖親鸞聖人のご苦労をしのび、そのご苦労を通じて、阿弥陀如来のお救いをいただくことをあらためて心に深く味あわせていただく法要です。私たちにとって最も大切なご法縁といえます。

親鸞聖人御在世当時、お念仏を喜ぶ人々の間では、師法然上人ご命日に「二十五日のお念仏」として念仏の集会がつとまっていました。親鸞聖人ご往生の後、聖人を祖と仰ぐ私たちの先達は、それを親鸞聖人のご命日にあらため、ご法縁にあずかっていたのです。その後、親鸞聖人の33回忌にあたり、本願寺第 3代覚如上人はそのご遺徳を讚仰するために『報恩講式』をつくられ、報恩講がいとなまれました。以来、聖人のご命日の法要は報恩講として大切にお勤まりになっています。蓮如上人がお示しのとおり、正しくお念仏のいわれを聞かせていただき、身にいただいて、真実信心の行者になることが聖人のご恩に報いる道です。

【帰敬式】について

帰敬式について

帰敬式とは、仏祖に帰敬の誠をあらわす大切な儀式で、「おかみそり」ともいいます。式はご門主様・新門様、またはお手代わりの方によって執り行われ、三帰依文を唱えて、おかみそりをうけ、法名をいただきます。
三帰依文(南無帰依仏・南無帰依法・南無帰依僧)とは、私たちを導いてくださる仏(ほとけさま)・法(みおしえ)・僧(みおしえに生きる人々)の三宝を心のよりどころとして、敬うことを誓うご文です。

実施日程(報恩講期間中 1回実施)

○11月28日(月)

満日中法要引き続き12時30分頃から

※当日集合時間(受付確認) 11時~12時

申込受付

申込先 本願寺熊本別院 熊本市坪井2丁目3-32 096-343-8283
申込締切日 平成23年11月11日(金)午後4時まで
受式対象者 浄土真宗本願寺派門徒

受式冥加(別院懇志込)

20歳以上 1人 1万5千円
20歳未満 1人 1万円

受式冥加金を添えてお申し込みください。

---

・・・とのことで、興味のある方はお参りに行ったり法名をいただいてみたりしてはいかがでしょうか。私も多分どれかに行きます。熊本教区布教団の法話会を聴くことが出来れば良いのですが。

コメント

コメントをどうぞ


トラックバックURL

トラックバック


» サイトマップ
▲このページの先頭へ